fbpx

無添加、オーガニック、自然派、化粧品の違い

無添加、オーガニック、自然派、化粧品の違い

一般的に、無添加化粧品、オーガニック化粧品、自然派化粧品と言えばお肌に優しい、環境にやさしい商品のイメージがありますが、実は日本ではこれらの化粧品の基準を決めている法律はございません。

参考までに一般的に理解されている各化粧品の定義をご紹介します。

無添加化粧品:人によってアレルギーなどの皮膚障害を起こすことのある成分や香料、タール色素を含んでいないもの。

自然派化粧品:植物などの自然由来の成分を配合している。

オーガニック化粧品:自然由来の成分を中心に配合し、化学的な成分を使用していない、あるいはごくわずかだけ使用して作られている。

最近はこのような無添加化粧品や自然派化粧品、オーガニック化粧品と呼ばれるものが注目を集めています。先にもお伝えした通り、これらの商品は日本国内では法的な基準がないため、単に植物由来の成分を使っているから自然派化粧品といったり、一つでもオーガニック成分を配合していれば、オーガニック化粧品という事もできます。

一般的に化粧品を化学物質抜きで作る事は大変難しいのです。

例えば、化粧品には消費期限があり、防腐剤の配合も必要です。植物由来の防腐剤は合成された防腐剤に比べて消費期限は短くなります。商品を使用中に成分が腐ってしまっては、もとこもありません。

どんな化粧品でも優れている点と弱点を持っています。無添加だから安全、オーガニックだから肌に優しいと思い込まず、一般のスキンケア商品と同じように、成分を確認し、肌に付けてみたときの肌の状態、を確かめて商品を選んで欲しいと思っています。

アジュバンは安全で安心できる成分を選び、効果も実感できる商品を作っております。正しくご使用いただくことで、より効果を感じていただけます。

商品選びやご使用方法など、ご不明な点がございましたら

お気軽にお問合せください。

皆さまに喜んでいただけるよう。サポートしてまいります。

Whatsapp : 54057740
℡ : 28908631

村山

参考文献:(株)毎日コミュニケーションズ 現役皮膚科医による正しいけあ、対策がわかる スキンケア大辞典

Share this post


×

Hello!

Click one of our representatives below to chat on WhatsApp or send us an email to shop@adjuvant.com.hk

×