fbpx

洗顔

お肌の汚れを落とし、その後に与える、美容成分の受け入れ態勢を整える。洗顔。

肌に必要な皮脂まで落とさないためには、正しい洗顔方法と洗顔料の選び方が大切です。

たっぷりの泡で洗い、すすぎもしっかりと。

洗顔の目的は肌の汚れを落とし、化粧水や美容液などの栄養分を受け入れやすい状態にすることです。

肌の汚れには、埃や化粧品の油、汗、余分な皮脂、垢などがあります。このうち、埃や汗、垢は水洗いで落ちます。

油性の化粧品、余分な皮脂は油を分解するクレンジングが必要です。なお、正確に言うと、垢は汚れではなくターンオーバーの結果できた古い角質、自然に皮膚の表面から落ちるので、ゴシゴシ洗って落とす必要はありません。

正しい洗顔方法

①水で顔全体を洗い流します。乾燥気味の肌の方は朝はこれで十分。

②洗顔料を泡立てて皮脂の多いTゾーンから洗い始めます。次に顔全体に泡をなじませ優しく洗います。特に目元は擦らないように。

③流水で洗顔料を流します。素早く、洗顔料が残らないように洗い流します。

④タオルで肌を軽くおさえるようにして水分を吸い取ります。ゴシゴシ擦らないように。

洗顔料は形状によって次のようなタイプがあります。汚れがしっかり落ちて、自分の肌質にあったものを選びましょう。

固形石鹸:

天然の界面活性剤が主成分でさっぱりした洗い上がり、手やネットで泡立てて使用。

フォームタイプ:

リキッドやクリーム状のものがあり、泡立てて使用。洗浄力は様々。

ジェルタイプ:

ゼリー状の洗顔料が汚れを包んで落とします。肌に優しく、洗浄力は弱い傾向。

泡タイプ:

ポンプ式が多く、手に取ってそのまま使えるのが便利、洗浄力は様々。

パウダータイプ:

粉末状で手のひらやネットで泡立てて使用。肌表面を滑らかに洗い上げます。

ミルクタイプ:

泡立ちの無い洗顔料で、洗浄力が弱く、肌の弱い人向け。

商品、ご使用方法などご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
Whatsapp : 54057740
℡ : 28908631

村山

参考文献:現役皮膚科医による正しいケア・対策がわかるスキンケア大辞典 (株)毎日コミュニケーションズ

Share this post


×

Hello!

Click one of our representatives below to chat on WhatsApp or send us an email to shop@adjuvant.com.hk

×