fbpx

日本人のお客様へ

洗顔

お肌の汚れを落とし、その後に与える、美容成分の受け入れ態勢を整える。洗顔。 肌に必要な皮脂まで落とさないためには、正しい洗顔方法と洗顔料の選び方が大切です。 たっぷりの泡で洗い、すすぎもしっかりと。 洗顔の目的は肌の汚れを落とし、化粧水や美容液などの栄養分を受け入れやすい状態にすることです。 肌の汚れには、埃や化粧品の油、汗、余分な皮脂、垢などがあります。このうち、埃や汗、垢は水洗いで落ちます。 油性の化粧品、余分な皮脂は油を分解するクレンジングが必要です。なお、正確に言うと、垢は汚れではなくターンオーバーの結果できた古い角質、自然に皮膚の表面から落ちるので、ゴシゴシ洗って落とす必要はありません。 正しい洗顔方法 ①水で顔全体を洗い流します。乾燥気味の肌の方は朝はこれで十分。 ②洗顔料を泡立てて皮脂の多いTゾーンから洗い始めます。次に顔全体に泡をなじませ優しく洗います。特に目元は擦らないように。 ③流水で洗顔料を流します。素早く、洗顔料が残らないように洗い流します。 ④タオルで肌を軽くおさえるようにして水分を吸い取ります。ゴシゴシ擦らないように。 洗顔料は形状によって次のようなタイプがあります。汚れがしっかり落ちて、自分の肌質にあったものを選びましょう。 固形石鹸: 天然の界面活性剤が主成分でさっぱりした洗い上がり、手やネットで泡立てて使用。 フォームタイプ: リキッドやクリーム状のものがあり、泡立てて使用。洗浄力は様々。 ジェルタイプ: ゼリー状の洗顔料が汚れを包んで落とします。肌に優しく、洗浄力は弱い傾向。 泡タイプ: ポンプ式が多く、手に取ってそのまま使えるのが便利、洗浄力は様々。 パウダータイプ: 粉末状で手のひらやネットで泡立てて使用。肌表面を滑らかに洗い上げます。 ミルクタイプ: 泡立ちの無い洗顔料で、洗浄力が弱く、肌の弱い人向け。 商品、ご使用方法などご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。Whatsapp : 54057740℡ : 28908631 村山 参考文献:現役皮膚科医による正しいケア・対策がわかるスキンケア大辞典 (株)毎日コミュニケーションズ

Read more...

クレンジング

クレンジングの役割はメイクアップを落とす。 メイクアップをした日は、クレンジング料でメイクを落とします。 クレンジング料は刺激が強いものが多いので、時間をかけすぎると肌に負担がかかる事があります。 30秒~40秒と短い時間で手早く肌にのばし、洗い流しましょう。 皮膚の厚さはティッシュペーパー1枚程度、目元はその半分です。 メイクを落とすのに肌を強くこすったり、長い時間クレンジング料を肌に付けておくことが、肌の負担になり、シミやクスミの原因となります。 特に目もと専用のクレンジング剤は洗浄力が強く、肌を乾燥させてしまう場合もあります。擦らず優しく落とすようにしましょう。 メイクは油汚れです。水になじまないので、洗顔石鹸では洗いきれない成分があります。 クレンジング料にはメイクの油分とそれを水になじませるための界面活性剤が配合されています。 界面活性剤の配合量が多いと油分となじみやすくメイク汚れを落としやすくなり、クレンジング力の高いものとなります。 クレンジング力が高いほうが肌への負担は大きくなります。 一般的に、クレンジング力の高いものから オイル>クリーム>ジェル>ミルク>ローションです。 どのクレンジング剤にも界面活性剤を使われていますので、肌に負担があるのは変わりありません。 ご自分のメイクに合わせてできるだけ負担をかけないよう商品を選びましょう。 アジュバンクレンジングジェル 肌に優しい界面活性剤がお肌にかかる負担を軽減。 ノンオイル、ノンアルコールで優しい使用感です。 サクランボ大2個を乾いた手に取り、お顔全体になじませます。 ポイントメイクや小鼻の脇などは最後に円を描くようになじませ、しっかりと洗い流します。 商品、ご使用方法などご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。Whatsapp : 54057740℡ : 28908631 村山 参考文献:現役皮膚科医による正しいケア・対策がわかるスキンケア大辞典 (株)毎日コミュニケーションズ

Read more...

無添加、オーガニック、自然派、化粧品の違い

一般的に、無添加化粧品、オーガニック化粧品、自然派化粧品と言えばお肌に優しい、環境にやさしい商品のイメージがありますが、実は日本ではこれらの化粧品の基準を決めている法律はございません。 参考までに一般的に理解されている各化粧品の定義をご紹介します。 無添加化粧品:人によってアレルギーなどの皮膚障害を起こすことのある成分や香料、タール色素を含んでいないもの。 自然派化粧品:植物などの自然由来の成分を配合している。 オーガニック化粧品:自然由来の成分を中心に配合し、化学的な成分を使用していない、あるいはごくわずかだけ使用して作られている。 最近はこのような無添加化粧品や自然派化粧品、オーガニック化粧品と呼ばれるものが注目を集めています。先にもお伝えした通り、これらの商品は日本国内では法的な基準がないため、単に植物由来の成分を使っているから自然派化粧品といったり、一つでもオーガニック成分を配合していれば、オーガニック化粧品という事もできます。 一般的に化粧品を化学物質抜きで作る事は大変難しいのです。 例えば、化粧品には消費期限があり、防腐剤の配合も必要です。植物由来の防腐剤は合成された防腐剤に比べて消費期限は短くなります。商品を使用中に成分が腐ってしまっては、もとこもありません。 どんな化粧品でも優れている点と弱点を持っています。無添加だから安全、オーガニックだから肌に優しいと思い込まず、一般のスキンケア商品と同じように、成分を確認し、肌に付けてみたときの肌の状態、を確かめて商品を選んで欲しいと思っています。 アジュバンは安全で安心できる成分を選び、効果も実感できる商品を作っております。正しくご使用いただくことで、より効果を感じていただけます。 商品選びやご使用方法など、ご不明な点がございましたら お気軽にお問合せください。 皆さまに喜んでいただけるよう。サポートしてまいります。 Whatsapp : 54057740℡ : 28908631 村山 参考文献:(株)毎日コミュニケーションズ 現役皮膚科医による正しいけあ、対策がわかる スキンケア大辞典

Read more...

正しいスキンケアの手順

正しい知識を持ってスキンケアをしましょう。 健康で美しいお肌は表皮のターンオーバーが順調で真皮の構造がしっかりしている。 これらを継続するために肌が正常に働くことが重要です。 皮膚はスキンケアだけで美しくなるのではなく、 生活習慣や、月経周期、季節によっても状態が変化し、目や歯、他の臓器と同じように老化します。 生活習慣を見直し、月経周期や季節に応じたケア、老化を遅らせるケアをしていくことが必要です。 その為にも、皮膚について、スキンケアについて正しい知識を持つことは非常に重要です。 スキンケアの基本は 洗う 補う 保護する スキンケアの知識に基づいたお手入れはとっても簡単 洗う、補う、保護する 3つのステップだけです。 肌には汗や皮脂、ホコリ、メイク等いろいろな汚れがついています。 汚れは肌の新陳代謝を滞らせたり、肌トラブルの原因になりますので、 洗って清潔を保つことは重要です。 次に洗うことで失われてしまった、皮脂や肌の状態に応じて不足している成分を化粧水や美容液で補います。 最後に補ったものが肌にとどまるように蓋をして肌を保護します。 毎日のスキンケアの手順、使っている化粧品が 洗う、補う、保護することができているのか。 再チェックしてみてください。 商品、ご使用方法などご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。Whatsapp : 54057740℡ : 28908631 村山

Read more...

9月のプロモーションのお知らせ

Reシリーズ、Class Sシリーズ 15%OFF Adjuvant クリアジェル 15%OFF ショッピングサイトを始めてご利用の方送料無料 500ドル以上お買い上げで送料無料 不明な点また、商品、ご使用方法などご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。Whatsapp : 54057740℡ : 28908631 村山

Read more...

8月のプロモーションのお知らせ

新規メンバー登録のお客様 送料無料 Fog Sui 25%OFF All Enrich シリーズ15%OFF 1000ドル以上ごお買い上げでParkn Shop 50ドルクーポンプレゼント シャンプー&トリートメントセット購入でシャンプーブラシ1個プレゼント 不明な点がございましたら、また、商品、ご使用方法などご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 Whatsapp : 54057740℡ : 28908631 村山

Read more...

ターンオーバーとバリア機能

美しい健康な肌には①正常な表皮のターンオーバーと②肌を守るバリア機能が欠かせません正しいスキンケアをするためにもこの2つについて知っておきましょう 表皮の細胞は絶えず入れ替わっている 表皮は内側から基底層、有棘層、顆粒層、角質層と4つの層に分かれています。 基底層ではケラチノサイトと呼ばれる有核の表皮細胞が生まれ、有棘層、顆粒層と形を変えながら表皮表面に押し出されていき、核のない角質細胞になります。 この新しい角質細胞も角質層で肌を守る役割を果たした後は、劣化して*角片として剥がれ落ちていきます。 *垢やフケのこと この基底層でケラチノサイトが生まれ垢として落ちていくまでの細胞が入れ替わる過程をターンオーバーといいます。 ターンオーバーには平均して約1ヵ月かかると言われています。 ケラチノサイトは表皮細胞の95%を占めており、残りの5%がメラニンを作るメラノサイト、免疫に重要な役割を果たしているランゲルハンス細胞、知覚に関する働きをするメルケル細胞などです。 順調なターンオーバーが美しい肌を作る 肌に傷がついても痕が残らず回復するのは、ターンオーバーによって表皮の細胞がいつも入れ替わっているためです。 加齢や日焼けなどの炎症が原因で、ターンオーバーが正常に行われないと、無核になるはずの角質細胞に核が現れて、角質層が分厚く硬くなります。 剥がれ落ちる角片も多くなって、肌表面の保湿力が低下して乾燥したり、ゴワゴワする肌荒れが起こります。 なめらかで柔らかい肌を保つにはターンオーバーが順調に行われることが必要です。 皮膚と体を守る角質層のバリア機能 角質層は、薄い角質細胞が何層にも重なってできています。 これは核のないいわば死んでいる細胞の集まりですが、肌が体を守る機能を果たす上で重要な役割を持っています。 ここでは角質層の構成とバリア機能について見てみましょう。 角質層細胞は、主に硬いケラチンと言うタンパク質でできていて、それがレンガの壁のように並んでいます。 これがバリアとなって、細菌やウィルスの侵入を防ぎ肌に必要な水分を保ちます。 壁をより強固にするためにレンガをくっつけるセメントのような役割を果たしているのが角質細胞間脂質です。 角質細胞間脂質はスフィンゴ糖脂質、コレステロール、脂肪酸が一分子つづ集まって構成されています。 特にスフィンゴ糖脂質の主要成分であるセラミドが、バリア機能を担っています。 セラミドは*ラメラ構造をとっており、どんなに乾燥した環境でもある量の水分を分子の形で細胞間脂質の間につなぎとめる働きがあります。 さらに角質細胞には天然保湿因子(NMF)が存在しています。 MNFの主要成分は、アミノ酸や水素などの水溶性の物質で、ケラチノサイトが角質細胞になるときに作り出されます。 水を大量に抱え込む性質があり、肌の潤いを保つのに重要な物質です。 *ラメラ構造 水の層と脂の層が交互に層状に並んでいる構造 参考文献 スキンケア大辞典 友利新監修(株)毎日コミュニケーションズ

Read more...

皮膚の構成成分 

セラミドやヒアルロン酸などスキンケア商品に配合されている成分は、実は皮膚の中にも存在しています。成分の役割を知ってスキンケアにお役立てください。 〇セラミド 角質間細胞の一つで、基底層で生まれた表皮細胞が角化する過程で作られます。角質細胞と角質細胞との間にあって、水の層と油の層が交互に層状に並んでいるラメラ構造で、水分を保持する働きがあります。 セラミドは6タイプあり、特にセラミド2は水分を保持し、セラミド1にはモノの出入りを抑えるバリア機能があります。 セラミドの量が減ると角質細胞が剥がれ落ちて、そこから水分が蒸発しやすくなったり、肌が刺激を受けやすくなったりします。 セラミドは加齢や気候、環境の変化等で減少しますが、洗顔のし過ぎ、ゴシゴシ洗いや洗浄力の強すぎる洗顔剤などにも影響を受けます。   〇皮脂 真皮に有る皮脂腺で作られる脂です。皮脂腺から分泌された皮脂は、まず毛包の中に流れ、毛を伝わって皮膚の表面に出てきます。その量は気温に影響され、暑いと多くなり、寒いと少なくなります。皮脂は汗腺で作られる汗と空気中の常在菌が肌の上でまじりあって皮膚の表面に薄い膜を作ります。この膜を皮脂膜といいます。皮脂膜はPHバランスの取れた弱酸性で天然のクリームと呼ばれ、水分の蒸発を防ぎ肌に潤いと滑らかさを与えます。さらに、外から受ける刺激から肌を守り、皮膚表面の細菌の繁殖を抑える働きもあります。 〇天然保湿因子(NMF) 角質細胞の中にあり、人体が元々備えている保湿成分です。表皮細胞が角化する過程で、自らの細胞の中に作りだされます。NMFの主な成分はアミノ酸、乳酸、尿素、PCA(ピロリドンカルボン酸)などの水溶性物質でいずれも水分を抱え込む性質があります。 角化が順調でないと、NMFが十分に作れないため、角質層は水分を保持することができず、肌は乾燥し始めます。NMFの保湿力は湿度が下がると低下します。つまり、冬の乾燥した空気の中では、保湿力を発揮できないのです。 NMFの成分は水になじむ性質から、保湿クリームよく配合されています。   〇コラーゲン(膠原線維) タンパク質の一種で、真皮の重量の約70%を占める主成分です。皮膚の丈夫さはコラーゲン線維が縦横に張り巡らされていることによります。コラーゲン線維は線維芽細胞で作られ、古くなったものは酵素などで分解されます。しかし、40代以降になると新しく作られることはほとんどありません。さらに、紫外線や活性酸素、加齢などの影響でコラーゲンは古くなったり、量が減ったりします。これがシワ、タルミの原因です。   〇エラスチン(弾力細胞) エラスチンも線維芽細胞で作られるたんぱく質の繊維です。真皮の重量のわずか2%しかありませんが、コラーゲン線維の間を縫うように走って、ゴムのようにコラーゲン線維の束をまとめて、引き締めています。肌に弾力があるのはコラーゲン線維をエラスチン線維が支えていることによります。加齢によるタルミはエラスチン線維の構造の変化によるものです。また、紫外線の影響でエラスチン線維の変化がおこり、深いしわやタルミができます。   〇ヒアルロン酸 真皮に有るムコ多糖類と呼ばれるネバネバしたゼリー状の物質です。コラーゲンとエラスチンの間を埋め尽くすようにあり、肌の弾力に大きくかかわっています。水分子を結び付ける性質があり、ヒアルロン酸1gで水6リットルを保持する力があります。この水分保持力が乾燥や肌荒れから皮膚を守ります。ヒアルロン酸は腕や脚の関節の間にも存在し、骨と骨の滑りを良くする役割もあります。人体になくてはならないものですが、年齢とともに生産量は減少し、乾燥、シワ、タルミの原因になります。   商品、ご使用方法などご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 Whatsapp : 54057740 ℡ : 28908631 村山         参考文献 現役皮膚科医による正しいケア・対策がわかる スキンケア大辞典(友利新監修 毎日コミュニケーションズ)  

Read more...
× Whatsapp us☀